本・雑誌 > 本・雑誌 > エッセイ・自伝・追悼集 > エッセイ > 【本・雑誌】生きていたらいいことあるよ

本・雑誌

【本・雑誌】生きていたらいいことあるよ
【本・雑誌】生きていたらいいことあるよ

妻よ息子たちよ、ありがとう。

著者:工藤陽孝
体裁:新書判、並製本、212ページ
商品コード : pb-20160719_62
価格 : 514円(税込)
数量
 
カートに入れる

説明

内容

 内科医である著者の11作目となるエッセー集。終着駅を過ぎても人生列車は走り続ける。希望に向かって…。病気から回復した著者が生きててよかったと人生をふりかえるエッセーを書き綴った。

著者紹介

1944年生まれ。玉名市で内科を開業。著書として『すこやかな日々』『桃色吐息』『玉名の空の下から「死」を叫ぶ』『一生完遂ただ歩け』『遺言』など10冊のエッセー集がある。

詳細情報

著者:工藤陽孝
体裁:新書判、並製本、212ページ
出版年月日:2013年6月10日
ISBN:978-4-87755-454-5 C0095
定価:本体価格476円+税
発行:工藤陽孝
制作・発売:熊日情報文化センター

お客様の声

入力された顧客評価がありません。

お客様の声を投稿する
  氏名 : 評点 :
内容 :
投稿する