本・雑誌 > 本・雑誌 > 社会・ビジネス > 社会 > 【本・雑誌】上通新書 街は記憶する

本・雑誌

【本・雑誌】上通新書 街は記憶する
【本・雑誌】上通新書 街は記憶する

貴重な証言をもとに学ぶ 上通商店街の歴史

編著:上通商栄会
体裁:新書判、256ページ
商品コード : pb-20160719_74
価格 : 1,080円(税込)
数量
 
カートに入れる

説明

内容

温故知新―。
熊本市の中心部に位置する上通商店街の過ぎ去りし日々を懸命に生きた商店主たちの貴重な証言集。

 「どの街にも特有の生い立ちや個性がある。振り返れば、戦争や火災や水害、再開発への多くの取り組みなど、時に応じて結集し、発揮された先人の努力は計り知れないほど大きい。そうした街の出来事を後世に伝えるためには、それをやって来た人たちの生きた言葉を借りるのが一番正しい選択だろう。この街のことを知らない人たちにも、これを読んで“そういうことか”と理解を深めてもらえればありがたい。商店街の普遍性を感じて読んでもらう、そんな本になればよい」(元上通商栄会長 泉冬星氏)。
 
 平成17年に発行した「上通新書 街は記憶する」の続編。上通商栄会の泉氏、轟多朗氏らが中心となって上通界隈の歴史を知る人たちにインタビューを行った。前作は戦後から昭和40年代までの上通の歴史を店主や創業者の証言をもとに構成。今作では同50年代以降から現在まで実際に現場でさまざまな事業を担当した店主たちが語る上通商店街の歴史。

詳細情報

編著:上通商栄会
体裁:新書判、256ページ
出版年月日:2016年3月31日
ISBN:978-4-908313-17-2 C0263
定価:本体価格1,000円+税
発行:上通商栄会
制作・発売:熊日出版

お客様の声

入力された顧客評価がありません。

お客様の声を投稿する
  氏名 : 評点 :
内容 :
投稿する