本・雑誌 > 本・雑誌 > 新刊本 > 【本・雑誌】わたしを語る 見果てぬ夢
本・雑誌 > 本・雑誌 > エッセイ・自伝・追悼集 > 【本・雑誌】わたしを語る 見果てぬ夢
本・雑誌 > 本・雑誌 > エッセイ・自伝・追悼集 > エッセイ > 【本・雑誌】わたしを語る 見果てぬ夢
本・雑誌 > 本・雑誌 > エッセイ・自伝・追悼集 > 自伝 > 【本・雑誌】わたしを語る 見果てぬ夢

本・雑誌

【本・雑誌】わたしを語る 見果てぬ夢
【本・雑誌】わたしを語る 見果てぬ夢

次代の医療人へのエール

発  行  熊本日日新聞社
著  者  安東 由喜雄(長崎国際大学学長)
制作・発売 熊日出版
体  裁  四六判、上製本、208ページ

 
商品コード : pb-20240201_001
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

ただいま品切れ中です

説明

内容

 

 著者は熊本大学医学部入学後、難病アミロイドーシスに出合い、臨床や研究を重ねるとともに、国際学会の理事長を歴任するなど幅広く活躍。2020年からは長崎国際大学に新しいフィールドを求め現在、学長の任にあたっています。アミロイドーシスの治療とメカニズムの解明に奔走する一人のドクターとして、また一家庭人として、自らの半生を振り返りまとめた熊日連載「わたしを語る 見果てぬ夢」が一冊の本になりました。書籍化にあたり新しいエピソードを加筆しています。
「私の研究がたとえ『見果てぬ夢』に終わっても、自分らしく夢を見続け一歩でも前へ歩んできた心意気、(中略)絶えず地方から世界に研究成果を発信してきた姿が、医学を志す若者の道しるべになり、次世代の研究者を生み、医学の発展につながれば本望である。」と帯にあるように、本作には次代の医療人へのエールが込められています。
長崎新聞に連載されている「安東学長のシネマ時々、医学」も収録。映画に造詣の深い著者がおすすめする珠玉の作品の紹介と、ストーリー展開の解説とともに寄せられる著者の一言が心にしみます。


著者紹介
熊本大学大学院卒業。在学中にラジオのパーソナリティーを務め、映画の鑑賞眼と話芸を磨く。卒業後、同大第一内科入局。スウェーデン・ウメオ大学客員教授、熊本大病院副院長、医学部長など歴任。2019年退職後、長崎国際大学副学長を経て同大学長就任。

詳細情報

著 者  :安東由喜雄(長崎国際大学学長)
体 裁  :四六判、上製本、208ページ
出版年月日:2024年1月22日
定 価  :2,200円(本体2,000円+税10%)
I S B N   :978-4-87755-655-6 C0095
発 行  :熊本日日新聞社
制作・発売:熊日出版

お客様の声

入力された顧客評価がありません。

お客様の声を投稿する
  ニックネーム : 評点 :
内容 :
投稿する