本・雑誌 > 本・雑誌 > 新刊本 > 【本・雑誌】僧侶が起つ ―郡築小作争議を主導した男・田辺義道―〈熊日新書〉
本・雑誌 > 本・雑誌 > 人・歴史・風土 > 【本・雑誌】僧侶が起つ ―郡築小作争議を主導した男・田辺義道―〈熊日新書〉
本・雑誌 > 本・雑誌 > 熊日新書 > 【本・雑誌】僧侶が起つ ―郡築小作争議を主導した男・田辺義道―〈熊日新書〉
本・雑誌 > 本・雑誌 > 社会・ビジネス > 社会 > 【本・雑誌】僧侶が起つ ―郡築小作争議を主導した男・田辺義道―〈熊日新書〉

本・雑誌

【本・雑誌】僧侶が起つ ―郡築小作争議を主導した男・田辺義道―〈熊日新書〉
【本・雑誌】僧侶が起つ ―郡築小作争議を主導した男・田辺義道―〈熊日新書〉

八代・郡築干拓を舞台に繰り広げられた農民闘争の全容


発  行  熊本日日新聞社
著  者  荒牧 邦三
制作・発売 熊日出版
体  裁  新書判、並製本、192ページ

 
商品コード : pb-20240321_001
価格 : 1,210円(税込)
数量
 
カートに入れる

説明

内容

今から約100年前、熊本県八代地方に誕生した郡築干拓。干拓とは名ばかりの干潟同然、先人の大変な苦労の末に開かれたこの地には、厳しい闘いの歴史が刻まれている。大正末期から昭和初期にかけては、地主と入植者の小作争議が勃発。稲の差し押さえ、法廷闘争など争いは労働界、農民組合、水平社団体まで巻き込み、日本の農業史に残る小作争議に発展した。本書は地元の僧侶・田辺義道氏を中心に、郡築小作争議の全容を描く。
 


著者プロフィール
元熊本日日新聞記者。社会部長、論説委員、常務取締役、蠏日会館社長を歴任。
著書に『白川千人の石合戦―大干ばつが招いた水争い』、『県会議員拉致事件―昭和 熊本の仰天政争』『ルポ・くまもとの被差別部落』、『新九州人国記』(すべて熊本日日新聞社)ほか。

詳細情報

著 者  :荒牧 邦三
体 裁  :新書判、並製本、192ページ
出版年月日:2024年3月9日
定 価  :1,210円(本体1,100円+税10%)
I S B N   :978-4-87755-656-3 C0021
発 行  :熊本日日新聞社
制作・発売:熊日出版

お客様の声

入力された顧客評価がありません。

お客様の声を投稿する
  ニックネーム : 評点 :
内容 :
投稿する